ゲスト

GUESTS

黒留袖

留袖は祝儀のためのフォーマル着物です。黒留袖には、背中心・両胸・両外袖の5か所に日向紋を染め抜き、裾に華やかな模様が描かれています。女性が18歳になった時、あるいは結婚した時、振袖の長い袖を留めて短くしました。これを「留袖」といい、かつては大人の女性が着る着物全般をさしました。ところが、19世紀初めに黒地染め抜き日向五つ紋の江戸褄(裾模様の着物)を既婚女性の式服とする習慣が広がり、それ以来この着物を黒留袖というようになりました。

 

黒留袖は、既婚女性が着用する最も格の高い礼装で、着物の格においては第一礼装になり西洋のイヴニングドレスに相当するものです。結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、親族の既婚女性が着用します。模様は裾だけにありますが、縫い目で模様がとぎれない絵羽模様になっており、お祝いの柄とされる、鳳凰、松竹梅、鶴や亀などがあります。この模様は、染めや箔、刺繍を用いた吉祥文様や有職文様、正倉院文様など、品格ある文様の中から着る人の年代や個性によって華やかさ、優雅さ、重厚さをポイントにして選びます。色使いが地味で文様が小さめ、位置が低めのものほど年配者向きになります。

 
  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4
  • photo5
  • photo6
  • photo7
  • photo8
  • photo9
  • photo10
  • photo11
  • photo12